「非常に懸念される」ジカ熱で緊急委 WHO事務局長
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「非常に懸念される」ジカ熱で緊急委 WHO事務局長

世界保健機関(WHO)は28日、米州で今年、300~400万人がジカウイルスに感染する恐れがあると見通しを明らかにした。

WHOのマーガレット・チャン事務局長は、ジカウイルスの感染が「緩やかな脅威から、非常に懸念される状態に拡大した」と報告。「爆発的に広まった」ウイルスに対応するため「緊急対策チーム」を設置したと述べた。