「世界最高のシェフ」 自宅で死亡
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「世界最高のシェフ」 自宅で死亡

世界的に有名なフランス人シェフ、ブノワ・ビオリエ氏(44)が1月31日、スイス西部の自宅で死亡しているのが見つかった。銃による自殺とみられている。

ビオリエが経営するスイスのレストラン「ロテル・ド・ビル」は、昨年12月に世界ランキング1位に選ばれたばかり。

(英語記事 'World's best chef' Benoit Violier dies aged 44