米刑務所脱獄の殺人犯、「怖い思いさせた」と謝罪
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

米刑務所脱獄の殺人犯、「怖い思いさせた」と謝罪

昨年6月初めにニューヨーク州の重警備刑務所から脱走し、3週間にわたり逃亡を続けたデイビッド・スウェット服役囚が3日、同州クリントン郡の法廷で禁錮14年を言い渡された。

すでに警官殺人の罪で終身刑に服している服役囚は、脱走によって「地域の人たちに怖い思いをさせた」ことを謝罪した。