ドイツ列車正面衝突 乗客が事故直後を撮影
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ドイツ列車正面衝突 乗客が事故直後を撮影

ドイツ南部のバイエルン州で通勤列車が正面衝突し、少なくとも10人が死亡、100人以上が負傷した。列車に乗りあわせた乗客が事故直後の車両内の様子を撮影していた。乗客によると、通常は5分ほど停車し対向列車が通り過ぎるのを待つ場所で、いつもより早く動き出したという。BBCのジェニー・ヒル記者がリポートする。