ISの次世代「育成」方法 少年たちが語る
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ISの次世代「育成」 少年たちが語る

習うのは自爆ベストの着用方法。処刑の見学には拡声器で集合がかかる――。過激派組織「イスラム国」(IS)が支配する地域の学校に通っていた少年たちが体験を語った。イスラム国がどのように次世代の戦闘員を育てようとしているのかが垣間見られる証言だ。BBCのクエンティン・サマービル記者がリポートする。