スカリア米最高裁判事が死去 後任が焦点
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

スカリア米最高裁判事が死去 後任が焦点

米連邦最高裁の最古参、アントニン・スカリア判事が13日朝、狩猟に出かけたテキサス州南部で死亡しているのを発見された。79歳だった。

同性結婚や人工中絶に反対し、憲法の保障する武器携行の権利の尊重を掲げていた。その一方で、優れた法曹家として高く評価されていた。

保守派とリベラル派の最高裁判事が4対4で拮抗することになり、後任判事の人選が今後の判決に影響すると見られるだけに、後任をオバマ大統領が指名するのか、共和党多数の上院の抵抗で次期大統領にゆだねられるのかが注目されている。

ベン・ブランド記者が報告する。