シリア北部の病院空爆 ロシアが関与か
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

シリア北部の病院空爆 ロシアが関与か

シリア政府軍と反体制派の激しい攻防が続く同国北部で、15日に病院や学校が空爆され多数の死者を出した。フランスやトルコは「戦争犯罪に当たる」として攻撃を非難している。空爆はアサド政権を支援するロシアによるものとの見方が大勢を占めるが、なぜロシアはここまで政権維持にこだわるのか。冷戦時代にさかのぼると理由の一つが明らかになる。