虐待受けた子どもとPTSD兵士の脳が類似=研究
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

虐待受けた子どもとPTSD兵士の脳が類似=研究

家庭内暴力や虐待などを経験した子どもの脳と、戦闘で心的外傷後ストレス障害(PTSD)となった兵士の脳の動きが類似していることが研究で明らかになった。ユニバーシティ・コレッジ・ロンドンのマクロリー教授が解説する。