英国のEU離脱 数字で見ると
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

英国のEU離脱 数字で見ると

英国で欧州連合(EU)離脱を問う国民投票が6月23日に行われる。国内世論は離脱派と残留派がほぼ拮抗した状態だ。EU諸国との取引に大きく依存する大手企業は残留派が多いが、EUの官僚主義から解放され、他国との経済協定も容易になるとの声もある。カマル・アハメドBBCビジネス担当編集長がいくつかのデータを基に、離脱をめぐる経済的な側面を解説する。