アップルCEOインタビュー ロック解除拒否を擁護
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

アップルCEOインタビュー ロック解除拒否を擁護

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)が、銃撃犯のiPhoneのロック解除をめぐる論議についてテレビのインタビューに答えた。クック氏は、市民の安全は非常に重要だとしながらも、データを保護しなければ「人々をとんでもない危険に陥れる」と述べ、ロック解除を求める連邦捜査局(FBI)の要請を拒否する理由を説明した。