バケツに入った赤ちゃん ジカ流行で有名に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

バケツに入った赤ちゃん ジカ流行で有名に

中南米で始まったジカ熱の流行が世界的な脅威とされ、妊娠時のウィルス感染と赤ちゃんの発達不全である小頭症との関連性が疑われるなか、バケツに張った水につかるブラジルの小頭症の赤ちゃんの写真が各メディアを通じて世界に配信された。ジカ脅威の象徴として世界に知られるようになってしまった赤ちゃんと母親に取材した。