カレーの「ジャングル」解体で放火に催涙ガス
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【移民危機】カレーの「ジャングル」解体で放火に催涙ガス

2016年03月1日 最終更新 12:24 JST

英仏海峡近くのフランス・カレーにある「ジャングル」と呼ばれる移民キャンプで2月29日、掘っ立て小屋などの解体を始めた当局と移民の間で衝突が起きた。

移民たちの投石を受けて警官が催涙ガスを使用。少なくとも12の掘っ立て小屋に火が放たれた。