「ギリシャに来るな」 国境の劣悪な状態に移民が警告
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「ギリシャに来るな」 国境の劣悪な状態に移民が警告

ギリシャからマケドニアへ入ろうとする移民や難民数千人が国境検問所で足止めされ、最悪の生活条件の中で抗議を繰り返している。多くの子供は病気にかかり、移動が危険な状態にある。

欧州理事会のトゥスク常任議長(EU大統領)は3日、「経済移民は欧州に来てはならない。命とお金をかけるだけ無駄だ」と警告した。しかし欧州を目指す人の多くは、戦火を逃れる難民だ。

BBCのダニー・サベッジ記者がギリシャ・マケドニア国境から報告する。

(英語記事 'Don't come to Greece', migrants warn on Greece-Macedonia border