5000キロ移動して越冬する蝶 個体数増を確認
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

5000キロ移動して越冬する蝶 個体数増を確認

越冬のため南北米大陸を移動する蝶、オオカバマダラが昨年に比べて大幅に増えたことが分かった。不法伐採による生息地の減少などで数が減少していたが、今回、越冬するメキシコで昨年よりも3.5倍に増えたことが確認できたという。BBCのローデス・ヘレディア記者がリポートする。