テニスのシャラポワ選手 薬物違反で記者会見
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

テニスのシャラポワ選手 薬物違反で記者会見

女子テニス元世界ランキング1位のマリア・シャラポワ選手は7日の記者会見で、ドーピング検査で禁止薬物の「メルドニウム」に陽性反応が出たことを明らかにした。メルドニウムは今年1月から禁止薬物に指定されたが、シャラポワ選手はここ10年間、医師の処方を受けて服用していたという。記者会見では、今後も競技を続けたいと訴えている。