ゆりかごから墓地まで 英コーホート研究が71年目に
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ゆりかごから墓地まで 英コーホート研究が71年目に

英国で生まれた時から、体格から学習能力、精神状態まで、さまざまな調査の対象となってきた人々がそろって70歳を迎える。1946年3月初旬の1週間に生まれた赤ちゃん5500人以上を対象とするこのコーホート研究は社会政策にも大きな影響を及ぼしてきた。現在は認知症などが研究の中心になっているという。