カナダ首相 ほぼ20年ぶりの米国公式訪問
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

カナダ首相 ほぼ20年ぶりの米国公式訪問

昨年10月のカナダ総選挙で10年ぶりの政権交代を実現させたジャスティン・トルドー首相が米国を公式訪問する。カナダ首相による公式訪問は1997年以来、ほぼ20年ぶりとなる。若さとルックスの良さが話題になるが、著名な元首相の息子という側面も。米国でも「トルドー旋風」を巻き起こすのか。BBCのバーバラ・プレット=アッシャー記者がリポートする。