コートジボワールのリゾートを武装集団が襲撃
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

コートジボワールの襲撃をホテル客が撮影

西アフリカ・コートジボワール南部の観光地グランバッサムで13日、武装集団が海辺のリゾート地を襲撃し、少なくとも16人が死亡した。国際テロ組織アルカイダ系の武装勢力「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)」が犯行声明を出した。

グランバッサムは地元住民や外国人観光客に人気のリゾート。犠牲者にはフランス人とドイツ人が含まれるという。