アフリカのサイ密漁 15年は過去最悪
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

アフリカのサイ密漁 6年連続で増加

角が高額で取引されるサイの密漁被害が深刻な状況になっている。

国際自然保護連合(IUCN)が今月発表したデータによると、昨年アフリカで密漁されたサイは1300頭を超え、6年連続で増加した。

保護団体などは、角に監視カメラを埋め込んだり、サイを違う国に運んで繁殖を促すなど大胆な手段を取るようになった。BBCのデイビッド・シュクマン記者がリポートする。