人工知能が囲碁で勝った 開発者も警告
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

人工知能が囲碁で勝った 開発者も警告

米グーグルが開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」と、トップ級プロ棋士のイ・セドル氏の5局勝負は15日、人工知能の4勝1敗で終わった。

経験をもとに上達を続ける「ディープラーニング(深層学習)」能力をもつ人工知能について、開発者さえその危険を警告する一方で、可能性への期待も高い。

ローリー・ケスラン=ジョーンズ記者が報告する。