チャウシェスク邸、初公開に市民は…ちょっと拍子抜け
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

チャウシェスク邸、初公開に市民は…ちょっと拍子抜け

共産主義時代のルーマニアを24年間支配した後、1989年の革命で妻と共に処刑されたニコラエ・チャウシェスク元大統領の豪邸が12日、初めて一般公開された。

当時の国民の暮らしからすれば極めて豪奢な暮らしだったことがうかがえる一方で、見学した市民の中には拍子抜けした様子の人たちもいた。

レゲド・アーマド記者が報告する。