トルドー加首相、「自分はフェミニストと言い続ける」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

トルドー加首相、「自分はフェミニストと言い続ける」

カナダのジャスティン・トルドー首相は16日、ニューヨークで開かれている国連女性の地位委員会の会合で登壇し、「自分はフェミニストだと言い続ける」と宣言した。

トルドー内閣では閣僚の男女比が半々で、首相は各国政府に同様の取り組みを呼びかけている。