飛行機で3時間が50年以上かかった 米・キューバ関係新時代へ
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

3時間の旅が50年以上かかった 米・キューバ関係新時代へ

オバマ米大統領は20日午後4時半(日本時間21日午前5時半)、キューバの首都ハバナに到着した。大統領専用機エアフォース・ワンが初めて、ハバナのホセ・マルティン空港に降り立った。

飛行機で3時間の旅が実現するまでに、50年以上かかった。

現職米大統領のキューバ訪問は88年ぶり。1959年のキューバ革命以来続いた対立の歴史において、大きな転換点になると期待されている。

BBCのジョン・ソープル北米編集長が報告する。

(英語記事 Barack Obama in Cuba at start of historic visit