バーミヤン大仏破壊から15年 証言者に聞く
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

バーミヤン大仏破壊から15年 証言者に聞く

世界遺産の仏教遺跡群で知られるアフガニスタン中部バーミヤンで、旧タリバン政権が大仏立像を破壊してから15年がたつ。過去の事件や出来事を当時の証言者の話で振り返るBBCの番組「Witness」では、遺跡を爆破するための爆薬を運ぶのを手伝ったという現地の農家の男性に話を聞いた。