「とてつもなく重要」 カラジッチ判決でボスニア元首
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「とてつもなく重要」 カラジッチ判決でボスニア元首

国連の旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷は24日、1992~95年のボスニア・ヘルツェゴビナ紛争をめぐり大量虐殺(ジェノサイド)の罪などに問われた元セルビア人勢力政治指導者ラドバン・カラジッチ被告に、禁錮40年を言い渡した。

ボスニア・ヘルツェゴビナの元首、バキル・イゼトベゴビッチ大統領評議会議長は判決を受けて、「判決は1人に対してのみならず、思想、そして苦しみの原因となった政治に対してのもの」だとし、「とてつもなく重要だ」と述べた。