パキスタンの公園で自爆攻撃か 60人以上死亡
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

パキスタンの公園で自爆攻撃か 70人以上死亡

パキスタン当局によると、東部ラホールの公園で27日夜、爆発があり、70人以上が死亡し、多数が負傷した。公園には家族連れが多く、イースター(復活祭)を祝う人たちもいた。被害者の多くは女性や子供だという。

警察はBBCに対して、自爆攻撃のようだと話した。パキスタンのタリバンから分裂した過激派組織ジャマート・ウル・アフラルは、「イースターを祝っていたキリスト教徒たちを攻撃した」と地元紙に明らかにした。

シャイマ・ハリル記者がラホールから報告する。