追悼の広場で衝突、放水 ブリュッセル
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【ブリュッセル連続攻撃】追悼の広場で衝突、放水

ベルギーの首都ブリュッセルで起きた連続爆破事件の追悼に大勢が集まる市中心部の広場で27日、デモ参加者と警官との間で衝突が起きた。警察は放水砲を使って群衆を排除。一部報道によると、約10人が逮捕された。

広場でのデモに参加していた数百人の集団は「反テロリズム戦士」を名乗り、追悼の品を踏みつぶし、ナチスような敬礼をしたり、中東系の人を見つけると挑発したりした。一部で報道された「反テロリズムのファシスト」という名称は間違いだという。