建築家ハディド氏死去 新国立の旧案をデザイン
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

建築家ハディド氏死去 新国立の旧案をデザイン

2020年東京五輪のメーン会場となる新国立競技場の当初案を設計したことでも知られる建築家ザハ・ハディドさんが31日、米フロリダ州マイアミの病院で心臓発作のため死去した。65歳だった。イラク出身のハディドさんは約40年間、英国を拠点として活動。主要作品には、2012年のロンドン五輪で使用された水泳会場や中国・広州のオペラハウスなどがある。