「衝撃的な展示だった」 広島訪問のケリー米長官
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「衝撃的な展示だった」 広島訪問のケリー米長官

広島原爆投下から71年近くたってようやく、現職の米国務長官が広島の原爆死没者慰霊碑に献花し、平和記念資料館を訪れた。

主要7カ国(G7)外相会合のため広島を訪れたケリー長官は11日、資料館見学について「gut-wrenching」(はらわたをねじられるような)体験だったと話した。

ルーパート・ウィングフィールド=ヘイズ記者が報告する。