チェルノブイリ30年 廃墟となった町をVRで
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

廃墟となった町をVRで チェルノブイリ30年

ウクライナ(旧ソビエト連邦)のチェルノブイリ原発で史上最悪の事故が発生してから26日でちょうど30年。近隣住民が避難した後のゴーストタウンを仮想現実(VR)で再現する取り組みが進んでいる。ゴーグル型端末「オキュラス・リフト」などで広く一般にも近く公開される予定だという。