ヒルズバラの悲劇、27年後にやっと警察過失と
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ヒルズバラの悲劇、27年後にやっと警察過失と

1989年に英中部シェフィールドのヒルズバラ・スタジアムで行われたFAカップ準決勝で観客96人が圧死した事故で、死因審問の陪審団は26日、事故は会場警備責任者の悪質な業務上過失が原因と評決を下した。

英スポーツ界で最悪といわれる事故はFCリバプール・ファンの問題行動によるものではないと、長く再審を求め続けた遺族は、評決に涙を流し、リバプールの応援歌「決して独りにはしない」を歌って正義の実現を喜び合った。