「星巴克」「乔丹」――企業が懸念する中国での商標権
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「星巴克」「乔丹」――企業が懸念する中国での商標権

アップルが4日に「IPHONE」のブランド名で革ケースを販売する中国企業を相手取って起こしていた訴訟で敗訴し、中国での商標権の保護をめぐる懸念が国際企業の間で再び高まっている。中国では、米国文化の人気を反映して米有名ブランドに酷似した商標が数多く存在する。世界各国のメディア報道を分析する「BBCモニタリング」が事例をまとめた。