乳がんのオーダーメイド治療に新たな知見
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

乳がんのオーダーメイド治療に新たな知見

乳がんの治療に関する研究が大きな進歩を見せている。「ネイチャー」誌に掲載された研究論文によると、560人の乳がん組織のゲノム情報を調査した結果、93の遺伝子の変異が腫瘍の発生に関与していると分かった。遺伝子情報に基づく「オーダーメイド治療」で新しい手法をもたらす可能性があると評価されている。BBCのドミニク・ヒューズ記者がリポートする。