タリバン幹部を無人機で殺害 アフガン情勢に変化か
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

タリバン幹部を無人機で殺害 アフガン情勢に変化か

アフガニスタン政府は22日、同国の反政府武装勢力タリバンの幹部、マンスール師が米軍のドローン(無人機)による空爆で死亡したことを確認した。米国防総省は21日に空爆によってマンスール師が死亡したとみられると発表していた。タリバンにとって打撃となるとみられるほか、幹部らがアフガニスタン政府と対話するのを禁じていたとされるマンスール師の死亡で、情勢が変わる可能性もある。カースティ・ジョハンセン記者がリポートする。