クリントン氏は規則に違反 私用メール問題で米国務省が報告書
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

クリントン氏は規則に違反 私用メール問題で米国務省が報告書

クリントン前米国務長官が公務で私用メールを使っていた問題で、国務省監察総監室は25日までに、クリントン氏のセキュリティー管理が不十分だったとする報告書をまとめた。また、同氏が記録の保存などの規則を順守していなかったと指摘した。

報告書では、過去5代の国務長官のメール使用を調査した。今秋に行われる米大統領選に立候補しているクリントン氏の陣営は、同氏のメール使用が前任者たちとなんら変わりがなかったことが報告書によって示されたとしている。BBCのジョン・ソーペル記者がリポートする。