アフガン農家のけし栽培 政府は貧困が背景と
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

アフガン農家のけし栽培 政府は貧困が背景と

アフガニスタンの反政府勢力タリバンの支配地域で、アヘンの原料となるけしの栽培が広く行われていることは長らく問題となっていたが、政府が掌握している地域でも、けし栽培は珍しくない。政府で麻薬の取締りを担当する閣僚はBBCの取材に対し、けし栽培がなくならない理由として「農家の貧困」を挙げた。ジャスティン・ロウラット記者がリポートする。