広島原爆投下「予想をはるかに超えた光景」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

広島原爆投下「予想をはるかに超えた光景」

バラク・オバマ米大統領が27日、現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問し、平和記念公園を訪れた。安倍晋三首相と共にまず平和記念資料館を見学した後、原爆死没者慰霊碑に献花した。第2次世界大戦のすべての犠牲者を追悼した。

1945年8月とその後の出来事を、BBCニュースが短く振り返る。