オバマ大統領 「死が落ちてきて世界が変わった」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

オバマ米大統領 「死が空から落ちてきて世界が変わった」

バラク・オバマ米大統領が27日、現職大統領として初めて被爆地・広島を訪問し、平和記念公園を訪れた。安倍晋三首相と共にまず平和記念資料館を見学した後、原爆死没者慰霊碑に献花した。

大統領は「恐怖の論理から脱却し、(核兵器の)ない世界を追求しなくてはならない」などと所感を述べた後、被爆者の人たちと言葉を交わした。日本被団協の坪井直代表委員の手を握りながら話にじっと耳を傾け、被爆米兵を調査してきた被爆者の森重昭さんをそっと抱き寄せた。