軽くなら女性を殴っても良い? パキスタンで法案が物議
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

軽くなら女性を殴っても良い? パキスタンで法案が物議

パキスタン東部のパンジャブ州議会が今年、家庭内暴力を通報しやすくする「女性保護法」を通したことに対し、イスラム法学者らで作る政府助言機関、イスラム・イデオロギー評議会は「夫が妻の振る舞いを正すためなら、軽く殴っても良い」とする法案を起草し、論争が巻き起こっている。評議会の法案に抗議する人々は、ソーシャルメディアで「#TRYBEATINGMELIGHTLY(私を軽く殴ってみなさいよ)」というハッシュタグを使って意見を投稿。ある女性は「夫は自分を愛しているから殴るなどと思ってほしくない」と話す。