オーランド乱射 落ち着いた「普通の子」だったと
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

オーランド乱射 落ち着いた「普通の子」だったと

米フロリダ州オーランドで12日未明、ゲイ・ナイトクラブで男が銃を乱射し、50人が死亡し53人が負傷した。オマール・マティーン容疑者の動機は過激派思想なのか、同性愛への憎悪なのか。あるいは何か別にあるのか。容疑者を知る人たちは「普通の子」だったと言う。

ゴードン・コレラ記者が報告する。