アテネの公園で体売る若者 移民希望も出口なく
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

アテネの公園で体売る若者 移民希望も出口なく

ギリシャの首都アテネで、移民の若者らが生活費などを稼ぐため売春に走っていることがBBCの取材で分かった。当局によると、6万人近くの移民がエーゲ海の島々や本土に散らばる移民キャンプで足止めされており、その大多数は欧州北部の各国への移住を希望。しかし、国境管理の強化などでギリシャより先には進めず、合法的な収入の道も閉ざされた状態だという。アテネ市内の公園に集まる若者たちにトマ・フェシー記者が取材した。