ベッカム氏「コンドーム着けないと」 HIV予防啓発を推進
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ベッカム氏「コンドーム着けないと」 HIV予防啓発を推進

元プロサッカー選手でユニセフ親善大使を務めるデイビッド・ベッカム氏が今月、世界で最もHIV感染率が高いアフリカ南部のスワジランドでHIV陽性の子どもたちを訪問した。ベッカム氏は昨年、ユニセフと共同で基金を設立し、HIV陽性の子どもたちの支援を行っている。