【オーランド乱射】容疑者の父「悲しみに打ちひしがれている」
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

【オーランド乱射】容疑者の父「悲しみに打ちひしがれている」

米南部フロリダ州オーランドのゲイ・ナイトクラブで12日未明に銃を乱射し、49人を殺害したとされるオマル・マティーン容疑者の父、セディーク・マティーンさんは息子が「心に憎悪を秘めていたとは知らなかった」と語った。アフガニスタン移民のセディークさんは、同国の人々に向けて語ったビデオの中で、「同性愛者とその処罰については神のみが手を下す問題だ」と語った。ビデオのセディークさんの背後にはアフガニスタンの国旗とみられる旗が置かれている。