第1世界大戦ソンムの戦いから100年 近代戦争の分水嶺
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

第1世界大戦ソンムの戦いから100年 近代戦争の分水嶺

第1次世界大戦で多数の死者を出した激戦「ソンムの戦い」からちょうど100年がたった。1916年7月1日にフランス北部を流れるソンム川近くで始まった会戦は同年11月まで続き、英仏などの連合国軍とドイツ軍双方で100万人以上が戦死したとされる。人々がそれまで知らなかった機械化された戦闘という、近代戦争の始まりも象徴するソンムから、アラン・リトル記者がリポートする。