ゴーストタウンと化したファルージャ イラク軍がISから奪還
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ゴーストタウンと化したファルージャ イラク軍がISから奪還

イラク政府軍が中部の要衝ファルージャを過激派組織「イスラム国」(IS)から奪還して2週間足らず。BBCのジェレミー・ボーウェン記者が現地に入った。ファルージャは2年半の間、ISの支配下にあった。ゴーストタウンと化した街には、ISが民間人を閉じ込めたケージなどが残されていた。