「フセイン時代に戻りたい」米英侵攻を支持したイラク市民
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「フセイン時代に戻りたい」米英侵攻を支持したイラク市民

2003年に米英などがイラクに侵攻し、当時のサダム・フセイン大統領を政権の座から追いやった時、いの一番で大統領の銅像を壊しにかかった男性がいた。その男性は今、侵攻を支持したことを後悔している。フセイン大統領によって投獄された経験もある男性はなぜフセイン時代に戻りたいのか、話を聞いた。