ブレア氏謝罪を絶対受け入れない――英調査委報告書 イラク市民どうみたか
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

ブレア氏謝罪を絶対受け入れない――英調査委報告書 イラク市民どうみたか

2003年のイラク侵攻に英国が参加した経緯について、英国の独立調査委員会(チルコット委員会)が6日に報告書を発表したことを受けて、当時首相だったトニー・ブレア氏は記者会見で、「我々が解放したかった、サダム(・フセイン)の悪行から守りたかった人たちは、代わりに宗派対立のテロリズムの被害者になった」と述べ、戦後の計画が不十分だったことなどを認め謝罪した。実際に戦争とその後の混乱を生きたイラク市民はどう受け止めたのだろうか。