「今こそ分かれ道だ」 相次ぐ銃撃に黒人教会で
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「分かれ道に差し掛かっている」 相次ぐ銃撃に黒人教会で

米国2カ所で黒人が警察に射殺されたのに続き、テキサス州ダラスで黒人男性に警官12人が撃たれ5人が死亡するなか、地元ダラスのバプテスト教会には10日、多くの信者が集まり、手をつなぎ、祈りを捧げた。

約3300人を収容するコンコード・バプテスト教会の信者は、ほぼ全員がアフリカ系米国人。ブライアン・カーター牧師は、国の人種関係について「分かれ道に差し掛かっている」と危機感を示した。

(英語記事 Dallas shootings: 'The nation is at tipping point'