「あまりに何度もこういう追悼式で……」オバマ氏
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

「あまりに何度もこういう追悼式で……」オバマ氏

オバマ米大統領は12日、テキサス州ダラスの銃撃で殺害された警官5人の追悼式に出席し、大統領に就任以来「こういう式典に出る機会があまりに多すぎる」と声を揺らしながら語った。

最高指揮官であると同時に、国を癒す指導者であるよう常に求められてきた大統領は、「自分たちの悲しみから、この国はより良い国になる」と述べ、自分の言葉がいかに無力か思い知らされてきたが、「絶望は拒否しなくてはならない」と強調した。