南仏ニース襲撃で過激化に苦悩 地元イスラム社会
お使いの端末ではメディアプレイバックはご利用になれません

南仏ニース襲撃で過激化に苦悩 地元イスラム社会

南仏ニースで80人以上が犠牲になったトラック襲撃事件を受けて、実行犯の動機はなんだったのか国民は、特にイスラム教徒の住民は、理解しようと苦悩している。

イスラム教徒の若者が過激思想に洗脳されるのをいかに防ぐか、BBCのティム・マフェット記者が地元で活動する人たちに話を聞いた。

(英語記事 Nice attack: The struggle to stop radicalisation